写真入り名刺の活用方法
2017.05.24

名刺入れあなたの名刺、名前以外に、何が書いてありますか?

名刺といえば、まずは会社の名前や所属部署、役職が記載されていますね。
自分の名前は、名刺の真ん中に大きな文字でレイアウト。
会社の住所や電話番号、内線番号、メールアドレスなどは名刺の端に記載されている、そんな感じではないでしょうか。

それに加えて、色使いを工夫したり、特殊な紙を使ったりして、なんとか印象に残る名刺にしようと、みなさん工夫をしています。
でも、もっと印象に残る名刺作成をしたければ、写真を載せてみてはいかがでしょうか?

自分の顔写真を載せる
名刺なのですから、あなた自身の写真を載せてみてはどうでしょうか。
会社の名前や役職だけでは、ほんの短い時間会っただけのあなたのことは、あまり記憶に残らないかもしれません。
今後もビジネス上のおつきあいを末長く続けて行きたい相手ならば、是非名刺に写真を印刷して、あなたの存在を長く記憶に残していただきましょう。
名刺に印刷されたあなたの写真をみるたびに、「ああ、そういえば、あの人とこんな話をしたな・・・」と、商談の内容も思い出してもらえるかもしれません。
仕事用の名刺だけでなく、プライベート名刺でも、とびっきり笑顔の写真を載せて、ぜひ良い印象を相手に持ってもらいましょう。

ペットの写真を載せる
プライベート名刺で自分の写真を載せるのに抵抗があるならば、ご自宅でかわいがっているペットの写真を載せてみてはどうでしょうか。
かわいい動物が嫌いな人はあまりいません。
名刺を渡した時に、相手もペットを飼っていればしめたもの。そこから話が弾んで、大いに盛り上がることでしょう。
ペットを飼っていないならば、自分がはまっている趣味の写真を載せるのも良いですね。
例えば車やバイクが趣味なら、愛車の写真を載せてみましょう。カメラが趣味なら、自分が普段使っている機材の写真を載せても面白いですね。
車やバイクが好きな人は、こだわりが強い人が多いですから、すぐにディープな話で盛り上がることができます。

どんな写真を載せようか。この写真を載せたら、相手はどんな反応をするだろうか。
こうしたことを考えながら、自分の名刺をデザインしていくのは楽しいものです。

ご自分ではデザインに自信がないという方も大丈夫です。
最近の名刺印刷業者の中には、インターネットの販売ページ上で名刺をデザインできるところがあります。
文字の大きさや配置を自分で変更したり、もちろんパソコンに保存されている写真をアップロードして、簡単に配置したりできます。

是非、大いに楽しんで名刺をデザインしてみてください。

▲ ページトップへ